樹液のこびり付き

危険レベル★★★★☆

木の下などに車を止めておくと、セメダイン状の付着物が付きます。これが樹液です。すぐ洗うと案外取れるのですが、しばらく見過ごしていると固まってきて簡単には除去できなくなってしまいます。かといって放っておくと塗装を犯し始めます。やはり溶けたようになって陥没します。ヒドイ場合はひび割れする事もあります。先ほどの陥没ウォータースポットと同様に完全修復は不能です

原因

木の下や周りに車を止めておくと付いてしまいがちで、春から夏までの間が被害発生期間です。 車の側に原因があるわけではありません。

二次的弊害

早めに除去しないと、ワックスやコーティングを簡単に突き破り塗装面に直接作用し、侵食します。犯された塗装は陥没したりひび割れたり、たまにふくれ現象が起きる場合もあります。どの場合も完全修復は不能になりがちですので注意が必要です。

付かないようにするための対策

車の側で事前にできる対策としてはボディーカバーぐらいしか方法はありません。青葉の季節には木のそばに車をなるべく置かないように気をつけていれば少しは対策になります。

付いてしまった場合の対策

保管場所の環境が悪い場合はもちろんですが、そうでない方も少なくとも外で車を使う限り、どこで付いてしまうかわかりません。そこで仮に付いてしまった場合を想定した事前対策が必要かつ有効です。樹液に強い太陽ポリマーの保護皮膜であらかじめ被っておきましょう。パワーGFコートのお店で保護加工しておけば更に安心です。 付いてしまった場合の事後対策は気がついた時点で速やかに除去するしかありません。あくまでも付いてしまっても大丈夫なように事前対策が有効です。

太陽ポリマーの場合(クリスタル5・GFストロンガー等他のGFシリーズも同じ)

太陽ポリマーとてベタベタパワーの樹液はくっ付いてしまいます。しかし、樹液の侵食から塗装を守る能力は十分ありますので、クリーナーなどで樹液さえ落とせば元のきれいな状態になります。基本的には花粉と同類ですから何度か洗っているうちには期間も経過し、やがていつの間にか消えていたということが多いです。
ただし付いている間は非常に気分の悪い付着物ですので早めに除去することを推奨します。 このように樹液被害は太陽ポリマーさえ塗ってあれば案外ただのベタベタ汚れになり下がってしまう一方、塗ってないとなると防御不可能、修復不可能の重大被害となります。つまり樹液は太陽ポリマーの優秀さを証明する(変な言い方をすれば太陽ポリマーにとって都合の良い)被害です。

2018年 4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
2018年 5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

…休業日